やねっとのスタッフブログ
やねっとのスタッフブログ

2022年10月24日

本格的な寒さを前に 冬場の節約術や暖房器具について考えよう

もうすぐ11月。だんだん寒くなってきましたね。

電気代、灯油代が値上がりし、暖房費はぜひとも節約したいところ。

今回は、冬の節約術や暖房器具についてご紹介します。

 

目次

①断熱効果で冷気をシャットアウト

②エアコンを上手に使う

③扇風機やサーキュレーターを使う

④その他の暖房器具と特徴

 

 

①断熱効果で冷気をシャットアウト

 

ガラス窓の近くはとにかく寒いですよね。

ガラス窓に結露が発生するのは、室内の温度と外気の差により、ガラス窓付近の温度が下がり、空気中の水蒸気が水滴になるからです。

冷気を遮断して、部屋の温度を下がりにくくしましょう。

 

*断熱ボード、断熱シート、断熱フィルムを使用する

*カーテンを閉める

*厚手のカーテン、もしくは断熱カーテンを使用する

 

最近はホームセンターなどで断熱グッズが豊富に販売されています。

ぜひ試してみてください。

 

 

②エアコンを上手に使う

「エアコン使いたいけれど電気代がね」という声をよく聞きます。

使うならば効果的に利用したいですよね。

エアコンは、室内が設定温度になるまでの間に、一番多くの電気を使用しています。

微風などで長時間使うより、自動運転にして、初めに一気に温度を上げるほうが、電気代がかからないのです。

また、スイッチをつけたり消したりしていませんか?

室温を一定に保っているほうが、電気代の節約になりますよ。

 

③扇風機やサーキュレーターを使う

 

暖かい空気は、部屋の上部にたまります。

上にたまった空気を、部屋中に循環させることで、部屋を効率よくあたためましょう。

そのためには、扇風機やサーキュレーターを併用して、空気を部屋全体に行きわたらせると効果的。

扇風機やサーキュレーターは、天井に向けて使うと◎。

 

 

④その他の暖房器具と特徴

 

石油ストーブ・・・灯油を使用するため、電気代はかからない。子どもやペットがいる場合は注意が必要。一酸化炭素中毒のおそれもある。

 

ホットカーペット・・・温度調節、暖房範囲の設定などができるものもある。足元を暖めるのに最適で、敷くだけで安全性も高い。

 

セラミックファンヒーター・・・エアコンのように温風を出して素早く暖める。大型、小型とあり、広さによって使い分けられる。

 

こたつ・・・エアコンやヒーターよりも電気代が安い。部屋全体ではなく、こたつの中だけを暖める。

 

 

そろそろ暖房器具が必要な時期になってきました。

しまっていた器具を出したら、まずは安全に稼働できるかを確認し、掃除をして、冬を快適に過ごしましょう。

お問合せはこちらから

受付時間:24時間【年中無休】

フリーダイヤル 0120-88-0874

Call:0120-88-0874

メールでのお問い合せはこちら

※ゆめポイント加盟店ですので、ゆめタウンでのお買い物と同じようにポイントが積立されます。

雨もりすぐ対応します

社員写真

お気軽にご相談ください
担当:加藤(かとう)

■対応可能エリア(山口県)
岩国市・柳井市・玖珂郡和木町・玖珂郡平生町・熊毛郡上関町・熊毛郡田布施町・大島郡周防大島町・光市・下松市・周南市・山口市・防府市

Call:0120-88-0874