やねっとのスタッフブログ
やねっとのスタッフブログ

2022年10月11日

屋根で気になることは? 屋根塗装のベストシーズン到来ですよ!

心地よく、過ごしやすい秋本番。
レジャーやアウトドアもいいけれど、住宅のチェックも忘れずに。
寒くなる前に、一度、雨どいや壁、屋根などを確認しましょう。

秋は、屋根の塗装に最適な季節です。

気になるところがある人は、まずは専門家に相談してください。

 

 

 

目次

①屋根塗装

②屋根の劣化

③塗装の時期

 

① 屋根塗装

 

屋根塗装の耐久年数は、一般的に10~15年。
台風や豪雨、紫外線などの影響で、劣化しやすいので注意が必要です。
一般的に10~15年だからと安心していてはいけません。
何らかのトラブルで防水性が低下し、雨漏りしているかもしれません。
定期的に、屋根の状態を確認することが大切です。

 

② 屋根の劣化

 

 

屋根の劣化がはじまると、次のような症状が見られます。

 

*色褪せ・・・表面が色褪せると共に、耐久性、防水性が落ちる。苔やカビの原因にもなる。
*苔や藻の発生・・・屋根に水分が滞留する、湿気がたまる。
*反り返り・・・湿気と乾燥を繰り返すことで起こる。放置しておくと雨漏りの原因になる。
*雨漏り・・・屋根だけでなく建物も劣化するのて早急に修理する必要がある。
*ひび割れ・・・衝撃や劣化がひび割れを引き起こす。広がることもある。
*さび・・・塗装の保護機能が低下し、金属が酸素と水に反応することで発生する。範囲が狭いうちに対策を。

 

③ 塗装の時期

 

 

塗装ができない気候条件としては、ほとんどの塗料メーカーが規定として

「湿度85%以上、気温5以下」

とパンフレットにも掲載しています。

梅雨時期や厳冬期などは、塗装に不向きな季節。


夏場は「乾きやすい」「夕立」「突発的な雨」、冬場は「積雪」「低温」などの影響があります。

秋は、施工に適した気候が続くので、工事が予定通り進行しやすくなります。

秋は、デメリットが少なく、メリットの多い季節と言えるでしょう。


それゆえ「塗装の繁忙期」となってしまいますので、希望の日時を確保するためにも、早めの相談をおススメします。


また、屋根の塗装をするときに、外壁塗装も合わせて行うことで、高額な足場代が削減できるというメリットもあります。

 

気になる点は、お早目に専門業者に相談してください。

お問合せはこちらから

受付時間:24時間【年中無休】

フリーダイヤル 0120-88-0874

Call:0120-88-0874

メールでのお問い合せはこちら

※ゆめポイント加盟店ですので、ゆめタウンでのお買い物と同じようにポイントが積立されます。

雨もりすぐ対応します

社員写真

お気軽にご相談ください
担当:加藤(かとう)

■対応可能エリア(山口県)
岩国市・柳井市・玖珂郡和木町・玖珂郡平生町・熊毛郡上関町・熊毛郡田布施町・大島郡周防大島町・光市・下松市・周南市・山口市・防府市

Call:0120-88-0874