やねっとのスタッフブログ
やねっとのスタッフブログ

2022年07月20日

広島県初の「気候非常事態」宣言と 太陽光発電を考える

目次

①広島県の「気候非常事態宣言」のあゆみ

②太陽光発電のメリット

③太陽光発電のデメリット

 

①広島県の「気候非常事態宣言」のあゆみ

 

2020年10月、日本政府が「温室効果ガスの排出量を2050年までに実質ゼロにする」方針を発表。国会では11月に衆議院が「気候非常事態宣言」を採択し、参議院でも同宣言を可決。

「気候非常事態宣言」は、世界では2016年から広がりつつあり、日本は10カ国目。

国内では、最初に長崎県壱岐市が宣言。

広島県でも2022年7月15日に、広島市の松井一実市長が、県内初となる「気候非常事態宣言」をしました。

猛暑や、豪雨災害が頻発している要因と考えられる「温室効果ガスの排出」による気候変動を食い止めることが目的。

これにより、省エネルギー対策や、再生可能エネルギーの導入をさらに促したいと考えています。

 

 ②太陽光発電のメリット

太陽光発電とは、屋根などに設置したソーラーパネルで、太陽の光から電気エネルギーを作りだすというもの。

発電時に、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)を出さない、排気ガスも出さない、クリーンかつエコな発電システムです。

自宅で発電した電気は、家庭で使用するほか、余ったら電力会社に買い取ってもらうこともできます。

災害時に、万が一停電になっても、太陽が照ることで電気を使うことができます。経済的で環境に優しい点が特徴です。

屋根にソーラーパネルを設置することで、「断熱効果」が発生し、夏は涼しく、冬は暖かくなるというメリットもあります。

 

③太陽光発電のデメリット

家庭に導入する場合、設置費用などの初期費用が高額です。設置後の発電量や売電のこともよく考えて導入を検討しましょう。

また、太陽光発電は天候(太陽光量)によって発電量が左右されます。

晴れの日が多い、日照時間が長い地域はよいのですが、曇りや雨の日が多い地域はあまり設置に適さない場合もあります。

故障やトラブル、自然災害による破損などがあれば、専門家によるメンテナンスを受けないといけません。

 

 

経済的なメリットはもちろん、環境に優しい太陽光発電。

メリット・デメリットをよく理解した上で導入を検討しましょう。

屋根の上のソーラーパネル、屋根に関することでトラブルがあったときは、すぐに専門家に相談してください。

お問合せはこちらから

受付時間:24時間【年中無休】

フリーダイヤル 0120-88-0874

Call:0120-88-0874

メールでのお問い合せはこちら

※ゆめポイント加盟店ですので、ゆめタウンでのお買い物と同じようにポイントが積立されます。

雨もりすぐ対応します

社員写真

お気軽にご相談ください
担当:加藤(かとう)

■対応可能エリア(山口県)
岩国市・柳井市・玖珂郡和木町・玖珂郡平生町・熊毛郡上関町・熊毛郡田布施町・大島郡周防大島町・光市・下松市・周南市・山口市・防府市

Call:0120-88-0874